『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた面白いメールが届いたもんだ・・・。

<<   作成日時 : 2016/01/18 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝、メールを受信したら・・・

【重要】国民消費生活組合より大切なお知らせ【重要】

というタイトルのメールがあった。

はて?

「消費生活センター」とか「国民生活センター」なら聞いた事があるけど、「国民消費生活組合」なんて初耳だな?と思い中身を見ると・・・。

【重要】マイナンバーに関わる大切なお知らせの為、必ず最後までお読み頂けます様お願い申し上げます。
※個人情報保護法に基づき、第三者による貴方様の氏名・住所・電話番号・マイナンバー等の閲覧を防ぐ為、本電子文書へは非公開と致します。


【本人限定:内容証明電子承認文書】
貴方様がご使用されております電気通信端末機器及びインターネットプロバイダを通じ、会員登録状態となっている従量課金制有料サイトの登録確認についてご通知致しました。

この度、貴方様が会員登録されている下記サイト運営事業者(以下、原告)より、民事訴訟に関する当組合との最終手続きが完了されました事を併せてご報告致します。


≪記≫
[原告]株式会社IKプロジェクト(届出番号_都75981103_は)
[サイト概要]懸賞、副業、一般ニュース、芸能ニュース、アニメ、ゲーム、動画レンタル、通信販売、電子書籍、投資、ギャンブル、占い、アダルト動画、出会い掲示板、投稿掲示板、オークション、旅行宿泊、リゾートホテル宿泊会員権   以上


原告の訴訟提起としては、
@現金100万円相当の懸賞報酬受取権放置
A会員登録料金の未払い
B長期延滞料金の未払い
C会員継続または退会の放置
Dアカウント不正放置によるサーバー障害、
以上5点が挙げられております。

当組合は、訴訟前に双方の事実確認が義務付けられておりますので、貴方様に瑕疵責任の有無を確認する必要があります。

◆瑕疵責任が有る場合・・・・原告の主張通り訴訟手続き
◆瑕疵責任が無い場合・・・・原告の主張を取り下げ訴訟停止

貴方様に瑕疵責任が無く、何らかの理由で現在に至る場合、当組合より原告へ本件の事情説明を致します。

本電子文書を確認されましたら、営業時間内に当組合へご一報頂けます様お願い申し上げます。
※本電子文書は第三者機関の開封確認機能が設定されております。


尚、本電子文書に対する回答が無い場合は、原告の訴訟提起に従い管轄裁判所にて公判が開始されます。
公判日程は裁判所より貴方様の現住所または本籍地または勤務地宛へ、書留郵便が送付されます。
※裁判を欠席されますと原告の主張通りの判決が下され、執行官立会いのもと、給与、財産(動産・不動産・有価証券)等の差し押さえを含めた強制執行となります。

近年、パソコン・スマートフォン・携帯電話等の電子通信機器の急速な発展により、誤操作トラブル、未成年者の決済トラブル、契約者以外への貸与トラブル、契約トラブルが頻発しております。
利用者様の知識不足がトラブルの原因となるケースが相次いでおりますので、インターネット等を利用される場合はよく内容を理解した上でご利用下さい。


【マイナンバーに関する注意】
民事訴訟及び刑事訴訟の被告人(訴えられた側)となられた方は、訴訟履歴がマイナンバーへ登録されます。
訴訟履歴がマイナンバーへ登録されますと今後一切記録を消すことが出来なくなります。


〜〜お問い合せ先〜〜
【国民消費生活組合】
・対応部署:民事紛争管理2課
・担当:横田・亀岡・岡崎
・紛争番号:U0053247BC  ※左記紛争番号をお電話にてお伝え下さい。
・部署直通番号:03-6478-9701
・営業時間:10:00〜19:00  ※土日祝は対応出来ません。

35


となっていました。
あら、まぁ・・・マイナンバー制度を騙った新手の訴訟詐欺ではありませんか。
マイナンバーについて勉強不足な人を狙ってこういう事するんですね。

このメールに関して突っ込みどころは多々有るのですが、まずこのメールの大きな間違いは、裁判制度にマイナンバーは全く関係ないということ。

そもそも国は最初から”税と社会保障”のためのマイナンバー制度と謳っていますし、”マイナンバーに登録”って現在のマイナンバー制度はそんな仕組みではなく、納税に関する法定調書などにマイナンバーを登録する仕組みなのだ。

とにかく、インターネットメールやマイナンバーそれから法的手続きに関して正しい知識を持っていない人の不安を煽るような文言を並べて連絡とって来るのを期待してこういうメールをばら撒いているのでしょうね。

何度も取り上げていますが、このような通告がメールで送られても法的拘束力は全くなく、裁判所から裁判所書記官の署名捺印入りの正式な文書が送付されない限り、何も行動を起こす必要がありません。

巷に流れる変な噂に惑わされて正しく制度を理解していないとこういう詐欺メールにつられかねないのでご用心ください。


こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
またまた面白いメールが届いたもんだ・・・。 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる