『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 福祉は一体誰のため?

<<   作成日時 : 2016/07/04 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事で福祉関係の事業所に出入りする事が多いのですが、最近ちょっと関わった事業所での話。
その事業所の方は、開設にあったって先行して開業している事業所からいろいろとノウハウを教えてもらっているらしいのですがその月々のコンサルタント料がかなり高額だということで悩んでおられました。

コンサル元の企業から人員も派遣されているとはいうものの、その金額が事業規模等を考えても月々の施設利用料の約半分くらい(もしかしたらそれ以上)の額だったので、私もちょっと驚きました。
これじゃ、その施設を利用する利用者のために使われるお金よりもそのコンサルタント会社(同業者)の金儲けが優先されている状態じゃないの!?

なんか、ちょっと釈然としない。

以前からそういう企業がある事は知っていましたが、福祉に使われるお金を自分の儲けのため利用しようというのはやっぱり本来の目的からちょっとずれている気がする。
ましてや同業者なのだから、福祉の充実のためにお互い協力しようって言うのならわかるけど、自社の金儲けのネタにしようってのはどうなのだろう?

コンサルタント料の金額はここでは書きませんが、正直私だったらその半額・・・いや3分の1くらいでも請け負えると思う(有資格者でないので出来ないと思いますが・・・)。
実際ある別の事業所で話をしていたら、”それだけ貰えるんなら自分がコンサルタントとして独立してもいいくらいやね”とその担当者が冗談で話すくらいのもです。

老人介護の世界では世の中の老人介護に対する考え方や政府の打ち出す政策的にみても、かなりそのあたりの風当たりが強くなって国の定める給付費自体も頭打ちになってきているようなのですが、こと障害児福祉の世界では、まだまだこの先も発達障害児などの支援という名目で充実を図ってゆくみたいで、そこに目をつけている業者が事業拡大を狙っているらしいです。

私もそのような事業所にシステムを納入して生活の糧としているので他人のことを言えた立場ではないのですが、本当に支援を必要としている人の下にお金がまわらない状態で一体誰のための福祉の充実なのでしょう?

ちょっと考えさせられました。





福祉作業所を起業しよう
黒川重典

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 福祉作業所を起業しよう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福祉は一体誰のため? 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる