『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 拡大解釈しちゃ駄目だよね。

<<   作成日時 : 2016/10/18 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人権団体など各種団体の主義主張内容を取り上げてみると、矛盾する点が多く感じられる。

基本的人権として謳われている
  宗教・信仰の自由
  思想および良心の自由
  職業選択の自由
  学問の自由
  法の上での平等
         などなど・・・。

確かにそれらの団体が主張するように、世の中には法遵守という点からすると違法ととられる内容の出来事も多々見られます。
しかし、それらの憲法に定められた各条文には、”公共の福祉に反しない限り・・・”という但し書きが明記されています。

なぜならば、自由・権利だけを主張していてはただの”我侭し放題”で行政が混乱してしまい社会そのものの仕組みが機能しなくなってしまうから。
その例として挙げられるのが、国旗および国歌に関する法律で日章旗(日の丸)を国旗とし、君が代を国歌と定めているにも拘らず、思想および良心の自由を盾に法律を守る事を拒否している人達。
法律を守らないどころか国旗および国歌に関する法律自体を憲法違反だと主張しているが、それこそ”公共の福祉に反する行為”だということに気がついていない。

憲法に謳われている権利・自由を拡大解釈して自分の都合の良いように好き勝手を言っているだけなのだけれど、それを取り上げるメディアも自分達の都合の良いように利用しようと騒ぐものだから収拾がつかない。

逆に憲法の条文を拡大解釈して、騒動を起こすという事は、それ即ち公共の福祉に反する行為と捉えるならば、各種団体が起こしている騒動はすべて違憲行為とされてしまうことも考慮しなければならない。
憲法解釈において、これまでそこを争点とされていないのは、憲政者たちが良識を持って人々の訴えに耳を傾けているからだと思います。

自分達の主義主張を守る事は大切だけれど、憲法を拡大解釈してまで相手の主義主張を否定して良いという事はどこにも記載されていません。
私たちに与えられた自由・権利というものは、自分と異なる考えを持つ人の意見を尊重してこその自由であり権利なのではないかと私は考えます。

こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
拡大解釈しちゃ駄目だよね。 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる