『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 腑に落ちた

<<   作成日時 : 2016/10/31 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の真田丸を見ていて思ったこと。
徳川との戦いに備えた軍議の際に、頑なに篭城にこだわる後藤又兵衛に対して幸村が放った言葉
『あなたは死に場所を探してここに来ているのではないか?』
『しかし、ここは死に場所ではない、私は勝つ為にここにいる。』
『死にたいのなら今すぐここを立ち去り、徳川へつきなさい。』
そう、難局に臨んだ時に最後踏ん張れるかどうかはその先に望みがあるかどうかなんだ。
望みのない人はそこで打ち負けてしまう。

いじめや過労を苦にした自殺が時々話題になるけれど、当人やその人達を擁護する人には納得できない話かもしれないけれど、自殺という行為はヤッパリ自分勝手な行為だと思う。
共に難局を乗り切ろうという時に、そういう人がひとりいると周りに対して迷惑な話なのだ。

それぞれの状況は異なるかもしれない。

でも、今自分は何の為にここにいるのか?
その理由が見つからないのであれば、ましてやそれが自分の身を滅ぼす事になるのであればそこにいるべきではない。
将来に望みを繋げる場所を探すべきだ。
こんなことを言うと”自分にはこの場にとどまる権利がある”と主張するかもしれない。
確かに、権利を主張する事は悪い事ではないし、誰にでも平等に与えられている事かもしれない。
だからと言って周りに迷惑をかけても良いという事にはならない。

史実でそのようなやり取りが実際に在ったかどうかは分かりませんが、私の中で昨日の幸村の台詞が妙に腑に落ちた。


こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腑に落ちた 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる