『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS おとぎ話から学ぶ事

<<   作成日時 : 2016/12/12 12:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

子供の頃に絵本などで読んだ記憶があると思いますが、『さるかに合戦』、『かちかち山』、『泣いた赤鬼』、『おむすびころりん』、『花さか爺さん』、『舌切り雀』などいろんなおとぎ話がありますね。
子供の頃は単に悪い事をしたものが懲らしめられるお話し程度の認識でしかなかったと思いますが、これらの物語の中には、生きる上での心構えなど様々な教訓が盛り込まれています。
それぞれの話に盛り込まれた悪行を観るとどういうことが人として悪い事なのかどうする事が良い事なのかという事言う事を示しているのです。

例えば、さるかに合戦では、さるがかにを騙して柿木を育てさせた挙句、よく熟したおいしい実を独り占めしてかにには”これでも喰らえ!!”とまだ熟していない青い硬い実を投げつけたこと。
かちかち山では、狸が老夫婦を騙して殺害した上に金品や食料を強奪した事。
おむすびこりりんや花さか爺さんや舌切り雀では、他人の成功を羨んで欲をかいた隣人がその成功者が行った行為の形だけ真似て褒美を騙し取ろうとしたこと。
泣いた赤鬼では、悪行ではないものの赤鬼のために悪役を演じていた青鬼の真意に気付かず、青鬼を退治してしまった事。

これらのおとぎ話が語っている教訓をしっかり胸に刻み、今の自分は”さるかに合戦のさるになっていないか?”、”かちかち山の狸になっていないか?”、”おむすびころりんや花さか爺さんや舌切り雀の隣人になっていないか?”、”泣いた赤鬼の赤鬼になっていないか?”などと時々点検する事でよりよい生き方が出来るのではないかと思います。

このように、おとぎ話から学ぶ事は多いと思うので、そういう眼で改めておとぎ話を読み返してみるのも良いのではないかと思います。

とはいうものの、現状に不満を持って”自分は醜いアヒルの子”と自分が認められないのは自分のことを理解しない他人が悪いといじけるのは良くないとは思いますが・・・(^^;;



こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おとぎ話から学ぶ事 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる