『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS svchost.exe(netsvcs)の暴走?

<<   作成日時 : 2017/03/19 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今更ながらの話題ですが、とある方から動作があまりにも重たいと言ってお預かりしたパソコンの話。
本人曰く、”2年ほど放置していて何もしてないんだけど・・・”という事で開いてみると、メモリー使用量が常時80〜90%を越えている。スペックを見るとデュアルコアのCeleronプロセッサにメインメモリ2Gの構成でWindows7Homeの64bitのOSが乗った状態。
メモリ容量の問題と言うのであればとりあえず増設するのが早いだろうと言う事で2GBのメモリを追加する事にしたのですが考えてみれば変ですよね。
私の手持ちのノートPCもメモリ搭載量は2GBなのですがアイドル時のメモリ使用量はせいぜい40%程度、SQL−Server2008を起動しても50〜60%で収まるのに、常時80〜90%というのはあまりにもメモリーを食いすぎじゃない?
何かおかしなソフトでも動いているんじゃないの?と調べてみましたが特別そのような物も見当たらず・・・。
それでもと思い、不要なアプリケーションを片っ端からアンインストールたり、Windowsクリーナーで不要ファイル(システムデータを含む)を削除してみても症状は変わる事はありませんでした。

とにかくメモリーが入荷したので、増設してみたところ・・・メモリーの使用量は60〜70%程度で収まり、動作もとりあえず改善したようだったのですが、今度はCPU使用率が50%を常に超える状態となった。
つまりは、デュアルコアの片方が常に占有されている状態!!
こりゃあまりにもおかしい・・・という事でパフォーマンスモニターで調べてみると。
画像

svchost.exe(netsvcs)が1GB以上のメモリーを消費し、CPUを常に50%占有しています。

svchost.exeって確かWindowsUpdate関連のモジュールだったと思い、試しにWidnowsUpudateを実行してみると・・・予想通り待てど暮らせどWindowsUpdateが実行されない。
そこで、Microsoftのサポートの”Windows Updateトラブルシューティングツールについて”というページからトラブルシューティングツールをダウンロードして実行してみました。
いくつかのエラーは修復されたようですがそれでも症状は改善されず、WindowsUpdateは一向に実行されない。

過去のWindows Update関連のトラブル情報を検索してみたら2015年くらいの情報でKB3050256をインストールするというのがあったので早速Microsoftダウンロードセンタを検索してKB3050256をダウンロードして実行してみたら、こちらも”更新プログラムを検索中”のまま全く動かない・・・。

で、更にKB3050256で検索してみるとようやく見つかったのが、教えてgooに投稿された『KB3050265がインストール出来ない』という記事。
こちらに掲載されたいる回答bQで公開されていたバッチファイルをダウンロードして実行したところ、KB3020369とKB3172605が適用され、再起動後Windows Updateが正常に動作するようになりました。

約2年放置されていたという事もあり、適用される更新の件数は150件を越えますが、これでどうにか正常に動作するようになるでしょう(^^;;

ひとまず解決して良かった(^-^)v



こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
svchost.exe(netsvcs)の暴走? 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる