暴走車両による悲惨な事故

今日もまた暴走車による悲惨な事故のニュースが流れてきました。
システムメンテナンスで、お客様を訪問するために車を運転する事の多い私にとっても他人事ではない話です。
特に最近の車は、電子制御による各種安全装備が充実しているにも拘らず、このような悲惨な事故が頻発するということを考えると、単純に運転技術云々という問題だけではないような気がします。

もちろん、普段から周囲の車の動向に注意してみていると荒っぽい(雑な)運転する人を多く見かけるようになってことも要因のひとつなのかもしれない。
車の性能や乗り心地が向上して、多少無茶な操作をしても車がそれを補って安全に走行できるようになったこともあり、誰にでも簡単に運転できる様になったことで、正しい運転という意識がおろそかになっているような気がする。
例えば、車になんらかの異常を感じたらすぐに路側帯に車を止めて確認するとか、交差点付近ではいつでもすぐに停車できるように減速するとか・・・列挙したらキリがないのですが、そういう意識の薄い人が最近多いように見受けられます。

今回の事故においては”アクセルが戻らなかった・・・”という運転者の証言もありますが、アクセルが戻らなかった場合の車の止め方というものもある筈です。
昨今の電子機器で制御されている車の場合、暴走を停止させる一番の方法は電源を切るって事なのですが、スイッチ自体もソフトウエアで制御されている場合は、暴走を止められないのかなぁ?

AIによる自動運転などでも危惧されていることですが、センサーの異常や電子機器を制御するソフトウエアの異常が発生した際にシステム全体を自動的にシャットダウンさせたり、あるいは、再起動させたりという事が人為的に簡単に出来る仕組みが必要かもしれません。

自動車を運転する人の絶対的な人数が少なかったこともあるのかもしれませんが、マニュアル車など、メカニカルな制御を行っていた頃はこのような事故は少なかったような気がします。

普段から車を運転する人は、今回の事故を他人事と思わず、今一度自分の運転スタイルを見直してみることも必要なのではないかと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック