いろいろな物で対応状況を確認してみた。

本日、新元号『令和』が発表されました。
そこで、現時点での対応状況をレジストリを変更して改めて確認してみました。
画像

とりあえず、Windows7とOffice2010および、Windows10とOffice2010の組み合わせではほぼ正常に表示されたのですが、Windows7とOffice2013の組み合わせでは何故かExcel2013だけ、5月を過ぎても『平成』と表示されるようです。
1年を”元年”と表示させる機能については、まだシステムカレンダーのみの対応のようで、Office2010でも”令和1年”という表記のままになっていました。
多分、今後行われるWindows Updateで改善されるものと思われます。

いずれにせよ、当面の間はMicrosoftの実施するUpdateは、出来るだけ早めに適用させる必要があるようですね。


[追記]
検証作業をやっていて驚いたのは、Windows10のMicrosft IME。
『れいわ』って入力して変換すると一発で『令和』という文字が出てきた!!
Windows7のMicrosoft IMEだと『れい』→『令』、『わ』→『和』と別々に変換して学習させないと出てこなかったのに・・・。

[追記2]
Windows10とOffice2013の組み合わせでの検証も行いましたが、やはりExcel2013では新元号が表示されなかったので、現時点ではExcel2013は未対応なのでしょう。
次回のWindows Updateで対応されることを期待したいと思います。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック