ん!?何が起こった?

いつものようにExcelのデータを開いたところ、急にOfficeの環境設定プログラムが起動してシステムをインストールするような動きをしだした。
仕方がないので、処理が終わるまで待っていたのですが、処理が終わったとたん、ExcelのWindowラベル部分に表示されている

”Excelファイル名ーExcel”

という表示の後ろに

(非商用目的)

の文字が・・・。

いったい何が起こったの?
もしかして先週Windows7からWindows10へアップグレードしたことでライセンス違反という判断をされた?
恐る恐る[ファイル]→[アカウント]と開いてライセンス認証状況を確認すると
20191025_01.jpg
『ライセンス認証された製品』となっているので問題はなさそうです。
念のためその時起動していたOutlookなどOffice製品をすべて閉じて再度起動すると・・・。
20191025_02.jpg
先ほどの『非商用利用』の文字は消えていました。
念のため、同じ事象がないか調べてみると、Office2013やOffice2016でこの現象が起きることがあり、場合によってはライセンス認証が解除され再インストールを行う必要があるらしいです。
危なく、仕事ができなくなるところでした。

私の場合、インストール媒体とライセンスキーが手元にあるので、すぐに再インストールする事ができると思うのですが最近のOfficeは、Officeアカウントにログインしてダウンロードサイトからインストールプログラムを入手して作業しなければいけないので大変です。

しかし、何でそんな現象が起きるのでしょうかねぇ・・・。


【追記】
この件に関する対処法などが書かれたサイトを見つけたので参考までにリンクを貼っておきます。

  なんで? 「PCのOfficeが非商用目的に・・。」
  突然、Excel 2013 Word 2013 非商用目的 ライセンスが無い製品??解決済

私の場合は、幸いにもライセンス認証された状態のままだったので、開き直すだけで回復しましたが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント