便利なのか不便なのかわからないね。

時々、お客様からの問い合わせ電話が入るのですが、今日入ってきた電話の内容が・・・。
『画面に”バックライトの光量を調整して省電力の設定を・・・”というメッセージが出て暗くなったんだけど・・・』というものがありました。
メッセージの内容自体、」私のは覚えのないものだったのですが、当初Windowsの夜間モードの設定でも触ったのかと思い、確認してもらおうとしたところ、その表示を消そうとマウスを操作しても何も反応がないらしい。
と、いうことは・・・多分ディスプレイその物の調整メニューが表示されている可能性が高い!!という事に気づき、
『画面の下のほうにスイッチがあるので触ってみてください。』
と指示したところ、メッセージが消え画面の明るさも元に戻ったとの事。

最近のディスプレイは、調整用のメニューを表示させるスイッチがセンサースイッチになっていて、しかもスイッチそのものが目立たないように画面の下部に埋め込まれているので、気づかぬうちに無意識にそのあたりを触れて勝手に表示されることがあるんですよね。
スイッチの接点不良などが起きにくいし、あまり目立たないので見た目が美しいという利点はあるものの、今回のように意図せぬ動作をすることがあるので使う人からするとかえって不親切な感じもしますね。

本当に便利なのか不便なのかよくわからない。
最近の様々な電気・電子機器は”使う人の事を考えて”と言いながら、製造側の都合を押し付けているようなそんな傾向が強い気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント