Windows Updateの影響を受けない方法

これはあまりお勧めできる方法ではないのですが、Windows Updateの度に障害が発生して困るという人、安定した環境でパソコンを利用したいというのであれば、延長サポートの終了したWidnowsやOffice製品を利用するというのも一つの方法だと思います。
セキュリティ上のリスクはあるとは言われるものの、意図せぬアップデートによる障害発生からは身を守ることができます。

時々見かけるのは、VMWareなどの仮想マシン上で古いWindows(Xpなど)を起動して利用している人たち。
システムの安定稼働という面ではそれも有りなのかもしれません。
ただし、最新の技術や昨年の改元対応といったものが適用されないという事を念頭に置く必要はありますが・・・。

それでも、新しいWindowsでは、アーキテクチャやインターフェイスが変更されたために、動かすことのできないシステムもそういった環境で動作せることが可能な場合もあります。

常に最新の状態を保つ必要があると言っているのは、ある意味メーカー側の都合でしかなかったりするので、そのあたりの見極めは大切だと思います。

そういう意味でも、今回のWindows7の延長サポート終了のように、”サポートが終わるから使っちゃダメ”というメーカーや販売店側の主張を鵜呑みにするのではなく、自分たちのニーズに合わせて選択してゆけるようになれたら良いなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント