えっ!?今更・・・?

お客様からシステム不具合の連絡が入ったので急行したところ、『他システムから日付データが正しく読み込まれない』というので調べてみた。
取込元のデータではテキスト型の項目に'R020314'と入ってきているものを’R02/03/14’と日付形式に直して日付型の項目へ取込を行うのですがこれがなぜか空白となってしまう。
試しに’H32/03/14'と入力すると’2020/03/14’と正しく読み込まれるのですが・・・。

!?そう言えば・・・。

プログラムが稼働しているパソコンのOSはWindows7・・・しかも、外部からの侵入を嫌ってネットワークに接続していない!!
つまり、昨年4月から5月にかけて配信された新元号対応のアップデートがかかっていないのだ!!

で、早速ネットワークに接続してWindopws Updateを実行すると今度は、『アップデートサービスが実行されていないため再起動が必要です』というエラーメッセージが表示され、アップデート作業ができない。

う~ん・・・何か見覚えがあるなぁ~~。

そうです、昨年元号対応のため、Windows Updateを行おうとした、いくつかのマシンでそういう現象がありました!!
過去のWindows Updateの失敗などでWindows Updateのクライアント情報が正しく保管されていない状態の時にこのエラーが出ます。
多分こちらのパソコンは、納品後一度もネットにつなげていないという事なので、あくまでも推測ですが納品された業者さんが初期セットアップ時に実行されるWindows Updateが完全に適用されていない状態(アップデート適用後ネットワークを接続した状態でシャットダウン及び、電源再投入していない)で納入したまま使っていたのではないかと思われます。

対処方法は以下の通り
1.コマンドプロンプトを管理者モードで開きます。
2.以下のコマンドを順に入力してクライアント情報をクリアします。
net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2.old
net start cryptsvc

3.Windows Updateを起動して更新を確認します。

もう、公式サポートの終了したWindows7なので今更なのですが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント