こだわりは捨てられない

こだわりを持つことは悪いことではないと思うのですが、私の場合一度こだわりだすと周囲が目に入らなくなってしまうのが悪い癖。
我を忘れ、時間を忘れてのめりこんでしまう。
普段は結構いい加減なほうだと思っているのですが、何かきっかけがあると急にスイッチが入ってしまうみたいです。
嫁さんに言わせると私のこだわりはどうやら普通の人とはかなりズレたところがあるらしく、つまりは誰の役にも何の役にも立たない、多分、周りの人にとっては、はなはだ迷惑な話なのだろうと思うのだけど、それでもそのこだわりを捨てられない。

嫁さんは面白がってネタにするのだけれど、結局そのこだわりは誰からも評価されるどころか非難の対象にしかならないのが現実・・・弱ったものだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント