美しさの追求

世の中全ての物には流れがある。
川の流れのように上流から下流へ滞りなく流れるさまは美しい。
世の中の仕組みもそうでありたいものだと思うのですが、なかなかそれは難しい。

本来であれば、全体の流れの中で自分の立ち位置を自覚し、上流からの流れを的確に下流へ流すことを主眼点において物事を処理してゆかねばならないのですが、処理量が増えそこによどみが生じるとそのよどみに気を取られて全体の流れが見えなくなってしまいがち。
そしてあろうことか、そのよどみにたまった水を溢れさせないように周囲に堤防を巡らせて囲ってしまう。
いつの間にか、堤防を築いてよどみを護ることが仕事になってしまって、全体が流れなくなってしまっていることに気づけなくなってしまっている人が多い。

そして、そのようないびつな状態が当たり前になってしまっている。
それが現代社会におけるセクショナリズムって奴。

美しくない・・・むしろ醜いんだよね。
私の求めるものは、ため池ではなく大きな流れなのだけどなぁ・・・。
もちろん、流れを作るための役割分担てのは大切なのだけど、それは全体の流れをきちんと把握できて初めて機能するもの。
そこんとこ間違うと、「私の仕事」、「誰それの仕事」と自分の事だけしか考えない人が増えて流れが停滞してしまう。
極端な事を言えば、自分の役割さえはたしていれば全体のことなど知ったこっちゃない。究極の自己中心主義。

仕組み作りは「美しさの追求」だと私は思っています。
その「美しさ」というのは全体の流れ。
全体の流れを意識した美しい仕組みづくり・・・それが私の理想であり、システムエンジニアとしての礎だと思っています。
そこんとこだけは、誰に何を言われようが譲れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント