つけっぱなしのテレビやラジオって危険

一日中テレビやラジオをつけっぱなしにしている人を時々見かけるのですが、これは危険な事だと私は思います。
人間の脳は、外部からの刺激に対してそこから入って来る情報を処理しようと働くようにできています。
そうやって、情報を処理して危険を察知した時には防衛反応を起こすことで自分の身を守るために必要な能力なのです。
しかし、それが常態化すると入ってきた情報をただ流すだけになってしまい、時には入り込んできた情報を鵜呑みにしてしまう。
あまりにも入り込んでくる情報が増えすぎると脳は考えることを止めてしまうんですよね。
つまり、自律して判断しているのではなく、入ってきた情報が”危険です!!”と言っていたら危険、”安全”と言っていたら安全と簡単に外部からの情報に流されてしまうようにコントロールされてしまうようになるという事。
つまりは、テレビやラジオなどを通じて私たち自身が知らず知らずのうちにマインドコントロールされていても気が付かなくなってしまっているという事になります。
それが進むと、情報にコントロールされている事が自分で考えている事だと思い込んでしまう。

今回の新型コロナウィルス対策に関する一連の騒動を見てもわかるように、私たちはマスコミが新聞、テレビ、ラジオなどを通じて流す様々な情報に右往左往しているだけで、正しく状況判断して行動できていた人は少なかったんじゃないでしょうか?
『自粛警察』が現れたり、マスクやトイレットペーパーが市場から消えてしまったり・・・思い当たる節はたくさんあるのではないでしょうか?

現在は、新聞、テレビ、ラジオに加えてSNSなどネットと解した様々なデマ情報を含め、情報の洪水状態の中で私たちは生活しています。
その中から本当に必要な情報を正しくチョイスし、正しく判断するためには、一度すべての情報を遮断し、脳をクリアな状態にする必要があるのですが、日々忙しく過ごしている現代人にはなかなかそれが出来ないかもしれません。
中には、そういう情報が遮断されると不安を感じる人も少なくないでしょう。
でも、それはすでにマスメディアによってマインドコントロールされている証なのです。
情報に振り回され、情報に操られないためにも、時にはテレビ、ラジオ、新聞、ネットなどを遮断して、脳を休ませる時間を作るようにしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント