黙って責任逃れ?

ドコモ口座のシステムを悪用した銀行預金口座の不正利用問題で、ドコモに対する非難の声が集中しているみたいだけど、冷静に考えると非難の声を向ける先が違うんじゃないか?という気がする。
ドコモ口座そのものは、口座という名前が付いているけれど事前にチャージして使うプリペイド型の電子マネーでしかない。
nanacoカードやSuica、JCBプレモなどチャージ端末で現金をチャージする電子マネーと何ら変わりはないので、気軽に作成できても何ら不思議ではない。
ただ問題なのがチャージする元が、現金ではなく金融機関の預金口座という点が普通のプリペイド型の電子マネーの異なる点ですね。

チャージ元が金融機関の預金口座という事は、チャージを行う時には当然、金融機関に対する引き落とし依頼が発生するわけです。
金融機関の業務に携わったことがある人ならすぐにピンとくると思うのですが、本人以外の口座への引き落としの場合、事前に口座所有者本人から引き落とし先への引き落とし承認したという申し込み書の提出が必要となります。

そうなると今回の不正利用は、本人の承諾なしにドコモ口座への引き落としを実行した金融機関側の不手際なんじゃないかと私は思うのですが・・・。
今のところ、金融機関に対する非難の声があまり上がっていないので被害のあった預金口座を開設していた金融機関自身も被害者のようなそぶりをして黙っていますが、本来、預金者の預金口座を守るべき立場の金融機関が本人確認なしに預金者のお金を動かすという大きなミスを犯しておきながら責任逃れしようという姿勢はちょっとどうなのだろうと疑問に思います。

確かに金融機関の預金口座と紐づけするシステムなのに本人確認方法が甘かったドコモにも問題はありますが、SMSを使った二段階承認にしても犯罪者が用意した架空の端末の電話番号へ送られてしまえばすんなり承認されるわけで、預金者本人とつながっている金融機関側での本人確認が行われていない事こそが今回の事件の本当に問題にすべき点なんじゃないかと思います。

何故、被害のあった金融機関は黙っているのでしょうか?
何故、マスコミなどの報道機関はその点を問題にしないのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント