不可解な・・・。

Windows Server 2008上でSQL Server 2008 R2を動作させているお客様。
システムが起動しないという連絡を受け、確認するとSQL Serverの対象サービスが停止している。
SQL Server構成マネージャで、サービスを起動するとシステムが正常に動作するようになった。
当初、Windows Updateの影響でサーバーが再起動した際にサービスが起動しなかったのかと思っていたのですが、この様な状況が2日連続で発生したため、ログを見るとサーバーそのものはシャットダウンも再起動もしておらず、午前3時ごろにOSからサービス停止命令が出ていることになっている。
考えてみれば、どちらもMicrosoftのサポート終了となっている製品なのでWindows Updateによる更新プログラムがはいってくるわけもなく、再起動などかかることもないですよね。
仕方ないので、お客様にはサービスの再起動方法を教え、同じ現象が発生したら対処していただくようお願いしてきました。

私の所にも似たような環境(Windows Server 2008 R2 + SQL Server 2008 R2)があるのですが、そのような現象は認められませんでした。
一体何が影響しているのか、本当に不思議です。

さて、午後は別のお客様で、Windows 2003 Server R2上でSQL Server 2005を動作しているお客様。
こちらも、システムが起動しないという事で、またSQL Serverのサービスが停止しているのかと思い、現地を訪問したのですが、こちらは完全にサーバーそのものが停止していました(--;;
電源を切り(電源スイッチでは反応しなかったので、無理やりコードを抜いて・・・)、電源を再投入したところ、メモリーチェックの段階でハングアップしている感じ・・・。
もしやと思い、本体を開いてメモリーの抜き差しをしてみたのですが、結局無反応・・・BIOSすら起動しない状態になってしまいました。

まぁ、11年前のサーバーですから、寿命っちゃ寿命なのかもしれませんが・・・新しいサーバーを用意して現在運用しているものと同様の環境を構築するとなると結構時間と手間がかかりそうな状況です。
昨日までは何ともなく動作していたらしいのですが、障害というものは突然起こるものです。

そういえば、他のお客様でも10年以上前にWindows Server 2008 + Oracle で構築したシステムを導入して、2、3年前から入替を提案しているのですがなかなか回答をいただけない先があるんだけど、そこは未だに端末はWindows Xpなんですよね。
新システムに入替するまで動いていてくれればいいのですが・・・心配です。

まぁ、とにかく不可解な障害の多い一日でした~~。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント