Raspberry Pi

3年程前から自由研究の材料として購入したまま放置していたRaspberry Pi3があるのですが、『せっかく購入したのに、このまま放置していてはもったいない!!』と、一念発起して、狭い仕事場に無理やり作業スペースを確保してようやく組み立てました~♪
IMG_20201126_111917.jpg
Raspberry Piを購入したきっかけは、昔勤務していた某社の大先輩から『Windowsパソコンで制約が多すぎて出来ない事が簡単にできるから使ってみたら・・・。』と勧められたから・・・。
例えば汎用I/Oポートを使ってセンサーを接続しての計測や制御、Aiなどを活用したスマートスピーカやスマートカメラなどの電子工作等々、様々な用途での活用が出来、オープンソースで必要なモジュールをダウンロードして利用できるという事、さらに小型で低価格という事が魅力でした。

しかし、作業スペースの確保が困難だったり、精神的・時間な余裕の無さを言い訳にして、なかなか着手せずに現在まで至ってしまいました。
最近、新型コロナウィルス対策のためのオンライン・ワークの普及で需要が増えているデータセンターの構築にどこかの大手ネットワーク会社がRaspberry Piが活用しているという記事を見て、その存在を思い出し、ようやく重い腰を上げたというわけです。

で、組みあがったので動作させようと思ったら・・・
IMG_20201126_113551.jpg
おやぁ~~!!ACアダプタのコネクタ形状が違うやん!!
ずっと箱入りのままだったので、そんな事にも気づかなかったというオチ(^^;;
ケースとディスプレイおよび、ACアダプタがセットになっているキットで購入していたので、まさか適合しない部品が入っているとは思わなかった。
もう一つ不思議なのは、ケースに取り付ける冷却ファンがあるんだけど、Raspberry Pi 3 Bにはファンの電源用コネクタを接続する端子がない。
(Raspberry Pi 3 B+からはあるようですが・・・)
IMG_20201126_141636.jpg
ひとまず、動作させないと意味がないので即、適合するACアダプタを手配しました。
そんなわけで、私の自由研究開発(決してお遊びとは言わない)はACアダプタが入荷するまでお預けとなりました。
(もしかしたらMicroUSBなので、スマホの充電アダプタが使えるかもしれませんが・・・)

IMG_20201126_111939.jpg
Raspberry Piの他にもAction Cameraなどの機器も購入したまま放置されていたので、とにかく今回の一件で、自由研究の場として折り畳みテーブル1個のスペースを何とか捻出して確保したこともあり、今後いろいろと挑戦してみたいと思っています。

楽しみだなぁ~~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント