除雪の際に気を付ける事

昨日からの断続的な降雪で積雪量53㎝を記録している富山市です。
まぁ、この程度なら除雪もそんなに大変ではないのですが、私が除雪の際に気を付けていることが一つだけあります。
それは、以前にも書いたかもしれませんが、「広く平らに除雪する事!!」と、言うのもどうしても車が走ると轍掘れが発生してしまいます。
この轍というやつが厄介なもので、車のハンドルがとられ大変危険です。
また、最近の方々は積雪時にスピードを落として運転するという事もせず、勢いよくタイヤを空転させながら轍をどんどん深く掘り下げ、轍の両側には車のタイヤが蹴散らした雪が壁を作ってしまいます。
今回くらいの積雪であればそれほどの問題にならないかもしれませんが、もう少し積雪量が多くなるとそれがスタックの原因となってしまうのです。
なので、除雪の際には轍のエッジをできるだけ削って雪面を平らにならすように心がけています。
そうしておかないと、とっさの時に回避行動も取れませんからね。
広く、2車線分の轍が出来るところは良いのですが、狭い路地だと1車線分の轍しかできないので、対向車があるとお互いにお見合いしてしまう事もあります。
雪面が平らにならされていれば、互いに道路の端っこへ車を寄せて何とかすれ違えるんです。

そうしておけば、少しづつ道幅も広がるし、雪も次第に消え、歩行者にとっても歩きやすくなるのです。

自分さえ良ければというのではなく、お互いに周囲の事にも気を配って、みんなが利用しやすいように協力して除雪できれば良いのですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント