Windows10の最新バージョン

先日、お客様のパソコンでいきなり更新がかかってWindows10のバージョンが"1909"から"2004"へ強制的にバージョンアップされ、それに伴ってフォルダーの共有設定が勝手に変更されるという障害があり、自分のパソコンでもそのような事があっては困るので最新バージョンへ更新しておこうと昨日、思い切って更新作業を行いました。

Windows10の最新バージョンは昨年秋にリリースされた"20H2"ですね。
最新バージョンにアップする時は、不具合が無いかとドキドキするのですが・・・。
検索してみると、いろいろ不具合が発生しているように見受けられますが、私の利用環境ではあまり影響なさそうだったので更新を実行。
気になる不具合といえば、日本語IMEの不具合くらいかな?

お客様の所でも再起動に結構時間がかかったと聞いていたのですが、更新プログラムの適用に要した時間はダウンロード開始から約2時間ほどでした。
こういう時間のかかる作業はあまりやりたくないものですね(^^;;

バージョン"20H2"の新機能についてはあまり詳しくないのですが、更新後、私が気づいたのはスタートメニューの雰囲気がちょっと変ったってくらい(^^;;
(こんな事言ってるからSEとしてダメだしされるんだよね・・・)
今日1日利用していますが、今のところ私が利用している範囲ではこれまで通りの動作をしてくれているので特に問題はなさそうです。
デスクトップと一緒に外出先でのメンテナンス用に利用しているノートパソコンも"20H2"にアップしました。
こちらも今のところ特に問題なさそうです。

Windowsも年々、複雑にいろいろな機能が追加されていて本当にこんな機能いるのだろうか?と疑問に思う事も多いのですが、昨年来の新型コロナウィルス対策などでリモート接続による対応が増えるとまぁ仕方ないのかな?と感じる点もありますね。
私の感覚ではもっとシンプルなものがあってもいいんじゃないかとも思いますが・・・。
とにかくあまり頻繁にアップグレードしても、そのたびに不具合があったりしてお客様の業務に支障が出てしまうのだけはやめて欲しいものです。
結局、そういう障害の対応で振り回されるのは私達ですからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント