『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報って何だろう?

<<   作成日時 : 2016/12/21 09:34   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

時々このことを取り上げているかもしれないので、”またかよ・・・”って思う人もいるかもしれませんが、情報って一体何なのでしょう?
巷に溢れる政治・経済・社会・国際・気象・・・様々な情報がありますが、その中で本当に必要な物とそうでない物との分別が出来ているのでしょうか?
情報を流す側は、”少しでも多くの種類の情報を出来るだけ詳しく”と考えて大量に送り出すだけなのですが受け取る側が全く意識なしに受け取ってしまって処理しきれない状態になっているように思えます。
インターネットの普及などで情報を送り出す方法も多種多様にわたり、実しやかなデマ情報も簡単に拡散されてしまう時代になって今流れている情報の信憑性自体が疑わしく思えるようになってきています。

確かに気象情報など、早めに知っておけば災害情報を防ぐ方法も考えられるという面もあるかもしれませんが、最近のニュースの傾向としてあまりにも大げさに最悪の事態を想定した予報を流すようになってしまい、『ニュースでああ言っているけど、前回もたいした事なかったし・・・』なんて事になってしまうと折角の情報も生かされないことになってしまう危険性もあります。

情報っていうのは、自分が行動を起こす為の判断材料のひとつであって、それが全てではない。

というのが私の結論です。

災害発生時に”ニュースで避難するように呼びかけなかったから災害が大きくなった”とか、”自治体の避難指示が遅れた”などといった声も聞かれますが、情報の送り手が全てを把握しているわけではないし、全ての状況を予測できるわけではないのです。
あくまでもこれまでに起こった事のある範囲で一般的に考えうる予測を流しているだけにすぎません。

もしかしたら、その中には世間を誘導しようとして意図的に流されている情報の含まれているかもしれません。
例えば、先日高齢者の事故が増えているという報道がありましたがその際に提示されたのが、
交通事故件数が年々減少する棒グラフに高齢者の事故割合の折れ線グラフが描かれていました。
考えようによっては”件数”そのものは変化が無くって分母が小さくなったから割合が大きくなっているだけなのでは?と思うのですが、そのニュースではそのグラフをもって”高齢者の交通事故が増えている”としていました。
このように情報というものは流し手の意図でいかようにも加工できるということです。

これらの事から最終的に自分の身を守る為には、送り手の判断にゆだねるのではなく、受け手が周囲の状況などを含めて自分で判断して行動する事が大切なのだと思います。



こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
情報って何だろう? 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる