『まる901』のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ”わきまえる”という事。

<<   作成日時 : 2017/04/20 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先頃の森友学園騒動で注目された”忖度”という言葉同様に、最近あまり聞かなくなった言葉に”わきまえる”という言葉があります。
私も若い頃には”場をわきまえろ”とか”立場をわきまえろ”などと上司から言われていたように以前は、自分勝手な主張をする若者を一喝するときに使われた言葉なのですが、現代ではそんな事を言おうものなら、逆に”権利の侵害”といって非難される。

このブログでも何度も取り上げてきたのですが、”自由”とか”権利”というのは他人を責める為にあるものではなく、お互いの考え方や立場を尊重し、円滑な生活を営む為に必要なものだと私は考えています。
同様に”わきまえる”という言葉も相手の身になって考えてみるという事なのではないかと思うのです。

いくら”平等”と言っても全ての人が同じ事を同じように出来るわけではなく、ひとりひとりの能力や果たせる役割は異なるし、それに伴って自ずと立場も異なってくるため、ひとつの事柄に対する見方考え方も異なってくる。
それぞれの見方・考え方は、全く相反する物であったとしてもだからと言ってどちらかが必ずしも誤りという事ではなく、ある状況では正しい事であっても、別の状況ではそれが誤りとなる事もあるわけです。
それを見極める為に全体の状況を把握してどちらを選択するか判断する人が必要となる。
現代の日本という国で考えれば、それが国会であり内閣であり内閣総理大臣という事になるのだと思う。
会社で言えば役員(取締役)や社長(代表取締役)といったところになるわけです。

それだけ重要で重大な責任を負った人達のことを何の責任能力もない人達が自分の立場もわきまえず責め立てているのが今の日本の現状のような気がする。
別の見方をすれば、そのような重要で重大な役割を担う人達を安易に選びすぎているのかもしれない。
選んだ人も選ばれた人も互いにそれぞれ自分の立場や役割をきちんと認識していない。
だから、国会審議そのものがワイドショーネタのパフォーマンス的な個人攻撃で盛り上がってしまい、マスコミもその事ばかりを取り上げて喜ぶだけで肝心なことはサラッと流されてしまう。

もしかしたら日本だけではないのかもしれないけど・・・おかしな状況だと思う。

私たちは”わきまえる”という事をもう少し意識する必要があるのかもしれない。
こんな事をブログに書いている私自身、”分をわきまえていない”って事になるのかもしれないけど・・・。




こちらで各種動画を公開しています(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”わきまえる”という事。 『まる901』のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる