予想はしてたけど・・・まさか!?

新しいWindows製品は発売され早速あちらこちらで
『インストールできない!!』
『動かない!!』
『使いにくい!!』
『電源の切り方が判らない!!』←私も最初戸惑いました(^-^)
といった苦情の声が上がってるようですねぇ。
まぁ、毎度の事なのですが、インストールの方法やハードウエア環境によってそのような不具合が発生します。
ただ、アップグレード版でXp等からアップグレードしたら既存のデスクトップアプリが削除されるという現象については、過去の資産継承を謳うMicrosoftの製品としてはちょっと酷い話だと思います。

私の場合は、新しいハードディスクに交換後、クリーンインストールしたのでCeleron2.2GHzにメモリ2GBというショボイ環境ですが、今のところ全くその手のトラブルもなく快適に動作しています。
(とはいえ、新しいUI対応のアプリにはなかなか慣れませんが・・・^^::)

ちなみに、電源の切り方(シャットダウンの方法)ですが一番手っ取り早いのがデスクトップ画面で何もウインドウを開いていない状態でAlt+F4キーを押すとこれまでのWindowsで見慣れたシャットダウン画面が表示されます。
以前、Preview版の評価を行った時にも書きましたが既存のPCでWindows8を使う場合はWindowsのショートカットキーを覚えておくと便利かもしれません。

私の正直な感想としては、デスクトップアプリをメインで使うビジネスユーザには新しいユーザーインターフェイスはあまり魅力のあるものでは無いと思うのですが、携帯端末として外出先で使用する場合には、慣れてくれば結構便利に使えそうな気がしています。

ちょっとびっくりしたのが『Windows8を入れてもタッチパネルにならない!!』というクレーム。
まさか・・・そんな事を言う人はいないだろうと思っていたけど結構いるみたいですね。
私も最初は指で操作しかかって「まてまてこのPCはタッチパネル内臓じゃない・・・。」と思いとどまった経験はありますが・・・(^^ゞ
タッチパネルの機能を利用するためには、タッチパネルディスプレイが必要なのですがiPadやAndroidなどのタブレット端末などでタッチパネル操作が当たり前のようになってきているせいか、OSさえ入れ替えたらどの機械でも当然タッチパネル操作が出来ると思い込んでいる人がいるって事なんでしょうね。

そなたり、タッチパネル操作を前面に押し出して宣伝していた企業側にも問題があるといえばあるのでしょう。

そういう意味ではWindowsPhone8など対応ハードウエアの種類・性能および、新UI対応アプリケーション充実や、それに伴った操作性の向上などが行われるまで当分普及しないのではないかと思われます。


世の中、ビジネスユーザーでは未だにXpが主流ですからねぇ・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック