平生往生なのかな・・・と思う。

昨日大津で起きた複数の園児を巻き込んだ痛ましい交通事故を見て感じたのは、『平生往生(へいぜいおうじょう)』という事。
事故の過失割合などで考えると、一方的に無理な右折をした右折車の過失という事になるのですが、事故現場の空撮写真や、事故を起こした車の衝突箇所の写真を見ると、もしかして直進車がブレーキを踏んでいたらここまで悲惨な事故にはならなかったんじゃないかと感じられます。
私も日頃から自動車を運転しているなかで感じている事なのですが、とっさの時にブレーキを踏まない人が多いという事。
アクセルを踏み込んでハンドルさばきで回避しようとする人が如何に多い事か!!
そういう車に遭遇する度に私は急ブレーキで回避する事が結構多いです。

これは、車の運転に限った事ではなく、普段の行動でもとっさの時に『えいっ!!行っちゃえ!!』と危険を顧みず飛び込んでいくタイプの人と『あっ!!ダメ!!』と一度止まって周囲の状況を確認するタイプの人の差だと思います。
前者の場合でも、周囲の協力や対応で運よく切り抜けてこれたかもしれませんが、いざという自分以外に誰も守ってくれない状況となると、重大な事故に繋がり自分だけではなく、今回のように他人の命までも奪ってしまう結果となりかねないと思うのです。

もしも、直進の軽自動車を運転していた人が後者であれば・・・と思うとやりきれない悔しさを感じます。

交通安全標語にも『いつも心にブレーキを』とあるように、今回の件はとっさの時にすぐにブレーキを踏んで立ち止まる勇気を持つように心がけたいと自分自身も改めて強く考えさせられる事故だったと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック