不可解なネットワーク障害

案の定、今日は2件のネットワーク障害の救援コールがありました。
どちらも今朝システムを起動すると、先週まで問題なく動作していたネットワークで共有しているデータベースへのアクセスができないという障害なのですが、それぞれ現象が異なっていました。

1件目は、Accessのデータベースを共有しているお客様。
現地へ行くと共有ホルダーを設定しているパソコンへのアクセスが拒否されている状態でした。
フォルダーの共有設定などいろいろ調べていたのですが、なかなか原因がわからず四苦八苦していたところ、もしやと思って「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「共有の詳細設定の変更」を開き、「パスワード保護共有」のランを確認するといつの間にか『パスワード保護共有を有効にする』という設定に変わっていました。
IMG_20200316_133201.jpg
もしかしたら、先週のWindows Updateが何やら悪さをしているのかもしれませんね。
とりあえず、『パスワード保護共有を無効にする』に設定変更したところ、無事データベースへのアクセスが回復しました。

2件目は、SQL-Server(Express)データベースを共有しているお客様。
こちらは共有フォルダーに接続されていなくとも、TCPポートの1433が解放されていれば接続できるはずなのに・・・。
そう思い、現地でパソコン名でPINGを飛ばしたところ、IPv6のアドレスが表示されてきました。
というわけで、SQL-ServerをインストールしてあるパソコンのIPv6プロトコルを使用しない設定に変更することで無事回復。

それにしても、どちらもどうしてそうなったのか?本当に不可解です。
Windows Updateの影響であれば、少しタイムラグを置いて他のお客様でも発生しかねないと思うので、とりあえず記事として投稿しておきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント