危険運転

先日、川崎で起きたポルシェによる追突事故を記録したドライブレコーダの映像がネットで拡散されているので、その映像へのリンクをこちらに貼ります。

映像を観たところ、ポルシェはノーブレーキのままハンドルさばきだけで先行車を避けようとして間に合わずに巣のまま突っ込んでいるように見受けられます。
それもかなりのスピードですね。
私の昨日公開した動画でもわかるように、速度差が20キロ程度でも、かなり危険な状態になるのですが、この事故映像を見ると多分100キロ以上の速度差があるのではないかと推測されます。
高速道路を走行中に時々200キロ近いスピードで疾走する車に出くわすことがありますが、まず、後ろからそのような車が接近してくることに気づくことはいくら熟練の運転手でも難しいです。
気づいたと思ったら次の瞬間に追い抜かれる感じになります。
とても怖い状態です。
実際に私もスピードを出す方なので経験ありますが、先行車との速度差が50キロくらいになると先行車が止まっているように感じるものです。
それが100キロ以上となるともう、止まっているどころか先行車がこちらに向かってきているくらいの感覚になるでしょう。
しかも、先行するトラックが車線変更した間をすり抜けるように突っ込んでいますから、ポルシェの運転手からすると、トラックの陰からいきなり目の前に先行車が現れた感じになると思いますので、ブレーキを踏む間もないでしょうし、回避できないのも当たり前だと思います。

結論から言えば、危険を回避できないような速いスピードで走行する事自体が重大な危険運転行為だという事です。
車線変更したトラックを悪く言う人もいますが、多分昨日の私の動画の様に、トラックの運転手はポルシェの接近に気づかず、普通に車間距離が詰まってきたので先行車を追い抜くために追い越し車線に車線変更したのだと思います。
たぶん、トラックが車線変更しなくとも、このポルシェはいずれ別の追い越し車線を走行する車に追突していたと思います。

ここで私たちが教訓とすべき事は、高速道路を走行する際にどうしても前方への意識が集中しがちなのですが、後方にも気を配ること。
今回事故の発生した3車線の道路の場合はちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、追い越し車線を走り続けるようなことはしない。
また、後方から迫って来る速度の速い車の存在を充分に意識して不用意な車線変更は控える。
そいう事だと思います。

一番は、いざという時に自分が危険回避できないような危険な運転をしないって事なんですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント