車の性能が良くなっているからなのかな?

降雪時にいつも不思議に思う事なのですが、ほとんどの車が狭い路地でもスピードを落とさず勢い良く駆け抜けていく。
安全性能や、走行性能が良くなっているからなのかもしれないけど、結構アクセルふかし気味で半ばタイヤを空転させるような勢いで走るので路面(雪面)がメチャクチャ荒れるんですよね。
昔は、舗装されていない砂利道を走る事もあったんだけど今ではほとんどの道路が舗装されているのが当たり前になって、普段は、きちんと舗装された道路を運転することしかないので、悪路での運転の仕方というものを身に付けていない人が多いのかもしれないですね。

そして荒れた路面にはまってスタックする車が続出する・・・悪循環なのだが、とりあえず自分が走り切れればそれでいいのかな?
そうして荒れた路面で一番困るのは歩行者になる。
あちこち凸凹になっていて、とても歩きづらいのだ!!

まぁ、車で通りすぎる人にとっては「そんなの関係ねぇ!!」って事なのかもしれないけど・・・迷惑な話だよね。
現代は車社会だからこそ、車を運転する人はもっと周囲に気を配って欲しいと願いたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント