リモートメンテナンス

現地現場主義を掲げる私としては、最後まで抵抗があったのがリモートメンテナンスというやつ。
しかし、サポート先が増えるにつれお客様からの要望も高まり、昨年あたりから少しずつ導入に踏み切ることにしました。
IMG_20200121_084308.jpg
というわけで、現在TeamViewerを利用してリモートメンテナンスを行っています。
TeamViewerは、商用以外の利用の場合、無償で利用できる事になっているのですが、私の場合明らかに商用利用となるのでライセンス料を支払っての利用という形になります。
IMG_20200121_084350.jpg
一応こだわりとして、接続時にお客様からパスワードを教えたいただくようにして、必ずお客様の立会いの下でメンテナンスを行うようにしています。
フェース・トゥ・フェイスとまではいきませんが、最低限のコミュニケーションは確保したいものですし、勝手に接続して勝手にお客様の大事なデータを盗まれたと思われたくないですからね。

今回以来のあったお客様は、融雪装置の遠隔監視を行っているお客様。
今年は降雪がほとんどなく装置自体の稼働もなかったのでこれまであまり連絡が入ることがなかったのですが、今週に入って降雪の予報が出てきたこともあってシステムを確認したところ5日ほど前からデータを受信していないという事で確認の依頼がありました。
IMG_20200121_085028.jpg
実際に接続して確認したところ、システムのバックグラウンドで動作させているはずのメール制御プログラムが起動していなかっただけ・・・(^^;;
メール制御プログラムを起動したら、正常に復旧しました。
ただし、5日分のメールを処理しなければならなかったので最新の状態になるまでに1時間ほどかかりました。

こういう作業を現地へ足を運ばずともできるという点ではリモートメンテナンスは確かに便利なのかもしれませんね。

"リモートメンテナンス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント